つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

神戸在住

鮮やかな神戸の街を舞台に、
主人公の女子大生「辰木桂」の大学生活を
私小説風に描いた傑作。

トーンをあまり使わずに
丁寧に描かれた
実在の地域や名所と、
そこを舞台に動き回る
登場人物たちの群像劇は、
希薄ながらも重厚な大学生活のモラトリアムな時間を、
読者に共有させる事に見事に成功している。

物語の時間軸的には、阪神・淡路大震災と重なっており、
その点を取り上げられる事も多い作品だが、
個人的には
震災の要素を抜きにしても
本作の面白さの本質は全く変わらないと考えている。

大学生活の描かれ方も非常にリアルで、
授業ですれ違う友人、サークルの人々との交流、
それらを超えた存在となる親友、といったように、
特定のキャラクターを活かすために物語が創られるのではなく、
あくまで主人公「辰木桂」の人生の流れの中で、
様々な人物がすれ違い、通り過ぎていくという構成が、
この作品の完成度をさらに高めている。

作者「木村紺」は、その後も意欲的な作品を輩出しており、
「からん」等の非常に惜しい作品もあるのだが、
全体的な完成度としては、未だに本作を超える事ができていない。

その特徴的な雰囲気と絵柄からも、
合う合わないがあるマンガではあろうが、
気に入った人にとっては、
決して忘れられない名作の一つだろう。

f:id:mangadake:20170820164350p:plain