つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

月光条例

異論は多数あると思われるが、
個人的には「月光条例」が、
藤田作品の中で一番好きかもしれない。


まず、設定が素晴らしかった。

創作者なら誰もが二の足を踏むであろう、
お伽噺という世にも困難なテーマを舞台に、
よくぞこれだけの物語を作り上げたことか。


次に、物語が素晴らしかった。
特にアラビアンナイト編終了の21巻の語り。
「そのページが今、するすると開かれてゆく」
これほどマンガの続きに期待した展開も久しぶりだった。
あの興奮が忘れられない。


そして何よりも、主人公が素晴らしかった。
岩崎月光という、誰にも省みられなくても、
一人、自分の正義を貫く男に何度泣かされた事か。


ある意味誰もが心の中では簡単に描ける、
少し皮肉な、それでいて心優しい主人公像を、
どうして現代漫画家の多くは描くことができないのか。

それこそが、「藤田和日郎」と
並の漫画家を隔てている一線なのである。


また、付け加えるならば、
著作権の都合で主人公の設定を変えたという
恐ろしい致命傷を負いながらも立て直した
大ベテランの力量に感服する。


それにしてもこのラストのなんと見事な事か。

二次創作のようだったと馬鹿にした書評も
ネット上では見受けられるが、とんだ勘違いだ。

こんな見事な大団円を、
二次創作の一言で切り捨てられるなら、
もっと昔に、どこかの凡百の漫画家が描いているはずだ。


これは、創作者なら誰もが一度は試みたい、
それでいて、恐れ多くて描けない見事なラストなのだ。
その大胆さと綺麗さに物語の作り手ならば、感動しないわけがない。


単行本最終巻の書下ろしも、見事だ。


レビューを書いているうちにまた読み返したくなった。
名作とは、このような作品のことなのだろう。

f:id:mangadake:20170819172831p:plain