つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

左門くんはサモナー

「これは私が地獄に堕ちるまでの物語である」

 

そんな異色のスタートを切ったジャンプ作品も
全10冊で、ついに完結である。

主人公「左門くん」のダークなキャラクターや、
悪魔を使ったギャグセンスなど色々好みだったのだが、
徐々にバトル展開が増えた中盤以降からは失速した印象を受けた。

しかし、最終巻のあとがきを読むと、
バトルをやっている方がアンケートの結果は良かったらしく、
その辺りも本作のテーマが迷走した原因だったのだろう。

あとは、やはり、この魅力的なプロローグに対して、
十分といえる結末が用意されていなかった、
もしくは打ち切りの為、そこを描けなかったという点が、
最大の難点だろうか。

近年ないオリジナリティを感じる作品だっただけに、
作者「沼駿」の次回作に是非期待したい。

f:id:mangadake:20170808072833p:plain