つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

私が言うとおりになる

「毛魂一直線」という、何ともふざけた作者による、
謎のスピリチュアルギャグマンガである。

昨今の様々なギャグ漫画から影響を受けたと思われる作風は、
お世辞にも読みやすいとは言えず非常に混沌とした内容だが、
何とも言えない勢いのある作品である。

また全3冊の物語自体は、かなり強引に完結しているので、
その点も評価できないが、次回作も読んでみたいと思わせる部分はある。

表紙やカバーデザインのセンスは圧倒的なので、
シリアスサイドに本気を出せば、
それなりに面白い作品が作れるのではないかと思うのだが。

そういった意味で、中身とのギャップが激しすぎるので、
ジャケ買い厳禁の一品だろう。

 

f:id:mangadake:20170729064205p:plain