つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

薫の秘話

カルト系作品の話になれば、
必ず取り上げられる作品の一つが本作「薫の秘話」である。

そもそも、ハゲ、デブ、チビ、マザコンに、
ホモでニートの主人公なんて、
マンガ史上二度と登場しないだろう。

そんなマイノリティー主人公が、
社会を口先三寸で笑い飛ばそうとするが、
相手にされずに、母親だけが、
彼の暮らしを支える日々。
そんな超ブラックコメディ作品だ。


完全復刻とうたっているが
本作は連載作品の全てが収録されている
わけではなく、セレクション的に選んだ作品を、
連載時の修正前バージョンで復刻したもの。

本当に全話読みたい場合は、
別途全2冊の単行本を買う必要がある。

とはいえ、ちばてつや賞の大賞を受賞した
「お散歩」が収録されているので、
こちらを買うのも一興である。
これは一読に値する面白さだった。


まだ世界への強烈な憤り満載だった時代の
松田洋子」作品なので、近年の優しさは一切なし。

しかし、コメディ仕立てになっているが、
人間観察力は相変わらずで、
社会の気持ち悪さを描くことに見事に成功している。
流石だ。

f:id:mangadake:20170728153658p:plain

 

薫の秘話

薫の秘話