つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

Y氏の隣人

作者「吉田ひろゆき」が現在も作品を発表しているか
微妙なところだが、この作品のインパクトは強かった。

一話完結のショートストーリーで、
人間の欲望やエゴに対して、
それを叶えてくれる不思議な道具を渡す
幸福の伝道師ザビエール。

無論、その道具が必ずしも幸福を呼ぶわけではなく、
登場人物たちは、その力に翻弄されていく。

あらすじ的には「笑うせぇるすまん」なのだが、
その独特で透明感のある画風は、
どちらかというと「星新一」の世界に近いのだろう。

SFショート・ショートや、世にも奇妙な物語といった、
世界が好きな人には、たまらなく面白い作品である。

全19冊もあるので、全てが傑作なわけではないが、
読めば虜になる話が確実にあるだろう。

f:id:mangadake:20170710061052p:plain