つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

未来のうてな

ぼくの地球を守って=ぼく地球で
一世を風靡した「日渡早紀」によるファンタジー作品。

色々意見があるところだろうが、
個人的には作者の最近の作風はそこまで気に入っておらず、
やはり、「ぼく地球」時代が最も面白かったと感じている。

そんな傑作を完結させた直後に、
二匹目のドジョウとして始まった本作だったが
流石に、過去と現在と未来に、
作者が好きなESPまで混ぜたのはやりすぎだったらしく、
見事に混迷極まりない作品に仕上がっている。

不思議なのは、あれだけ前作で見事に描いた、
前世の世界と現実が少しずつ調和していく美しさを、
本作では感じられなかった点だろうか。

その辺りは近年の作者の作風が
明るくなりすぎてしまっている点と関係があるのかもしれない。

複雑な設定が好きな人にはオススメできるかも。

f:id:mangadake:20170625210742p:plain