つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

花とみつばち

なんとも「安野モヨコ」らしい作品である。

クラスのモテないグループに位置しながら、
どうしてもモテたい男子高生「小松」が、
ひたすら無様にもがいていく本作。

男子高校生の持つ、
リビドーなのか愛情なのか
よくわからない思春期特有の恰好悪さを
女性作者ながらに描けるのが流石である。

また、小松を指導するエステクラブの姉妹や、
クラスの中心的なヒロイン等、
この辺りの女性キャラクターの
心理描写は圧巻で、
やはり、この手のジャンルで一時代を築いただけの事はある。

男性マンガ家とは一味違うラストの演出も、
良い意味で完成している。

ただし、ハッピーマニアには、あと一歩及ばなかったのは、
やはり、男性主人公と女性主人公の違いによるものだろうか。

ともあれ、安野作品としては読みやすい方なので、
オススメできる作品である。

f:id:mangadake:20170611200438p:plain