つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

リトル・フォレスト

東北地方のとある村の中の、
小さな集落「小森」
そこで暮らす主人公「いち子」

大自然の中で描かれる四季の暮らしと、
美味しそうな食生活。

全てが便利ではないと頭では分かっていても、
都会の人が憧れてしまう田舎暮らしを、
自然マンガの天才「五十嵐大介」が
見事に描いている。


全2冊だが、中身は濃く、
ただ飯を食べているだけのように見えるが、
深い人生感に満ちた作品だ。


なんとなく手元に残る続けるマンガというのは、
こういった作品の事を言うのだろう。
昨今の食マンガブームに
のっかっているだけの作品とは
一線を画す名作である。


f:id:mangadake:20170605210514p:plain

 

 



広告を非表示にする