つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

純潔のマリア

もやしもん」の作者という
イメージが強くて忘れていたが、
「週間石川雅之」の作者でもあったのだな、
と思い出させられた。


イングランドとフランスの100年戦争の時代に生まれた
魔女マリアは、自分の嫌いな戦争をなくすために、
世界中を相手に自分勝手に戦い続ける。


そんな躍動感あふれる元気な魔女と、
それを疎ましく思う大天使ミカエル。


けれども、重めのファンタジーではなく、
あくまで「石川雅之」的な世界で、
物語は展開していく。

本編全三冊と外伝1冊の短さも
読み終えるまでに丁度よく、
適度な短編ファンタジーが読みたい方には
オススメできる作品。


しかし、相変わらずキャラの書き分けは
無いに等しいという点は付け加えておこう。

f:id:mangadake:20170531065913p:plain