つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

座敷女

その独特の絵柄と作風で、
異端のポジションにいる作者「望月峯太郎

そんな氏の作品群の中でも、
異彩を放っているのが本作だろう。

夜中に部屋を訪ねるドアのノックの音がして、
ドアをあけると、紙袋を持った大女が立っていて。。。


それまで多くの作品がわかりやすいホラーを
マンガとして世に出していた中、
口裂け女」や「人面犬」のような
都市伝説をマンガの世界に再現した本作。

この何とも言えない
不気味な空気感を産み出す事に成功したことが、
後に作者の名前を決定的なものにする
ドラゴンヘッド」に繋がっていく事になる。

ドラゴンヘッド」では許されなかったあのラストも、
座敷女」の観点で見てみると違和感はない。

その意味でも、やはり全1冊の本作がもつ
完成度の高さが伺えるだろう。

歳をとるほどに恐怖感が増してくる、
現代ホラー作品の傑作である。

f:id:mangadake:20170527091958p:plain

 

座敷女 (ヤングマガジンコミックス)