つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

月影ベイベ

坂道のアポロン」の
作者「小玉ユキ」が好きなので、
1巻から楽しみに読み続けていた本作も、
全9冊でついに完結である。


富山県富山市八尾地域の
伝統の踊り「おわら」を軸にした
青春活劇だが、
難しいテーマを選んだわりには
安定感が抜群であった。

この辺りの上手さは、
過去に名作を創り上げた腕前が出ている。


「おわら」大好きの主人公「佐伯」
東京から来たのに「おわら」が踊れる
謎の転校生「峰岸蛍子」
そして、彼女の秘密と、少しずつ始まる恋愛感情。


途中少しばかりの波乱を挟みながら
最後まで安定した面白さであった。


しかし、最終9巻の舞台となる
伝統行事「風の盆」だけは、
非常に評価が難しい。


これは、作者の腕の問題ではなく、
マンガと音楽という最高に組み合わせの悪い、
表現世界の限界そのものでもある。

マンガでは音が鳴らない。

その1点をもって、
最後の盛り上がりはやはり
傑作「坂道のアポロン」に軍配をあげたい。

とはいえ、普通に面白い作品なので、
少女マンガ好きは抑えておくべきだろう。

f:id:mangadake:20170518234445p:plain

 

 

月影ベイベ 9 (フラワーコミックスアルファ)

月影ベイベ 9 (フラワーコミックスアルファ)

 
月影ベイベ 1 (フラワーコミックスアルファ)

月影ベイベ 1 (フラワーコミックスアルファ)