読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

さよならソルシエ

(2013年評)
久しぶりの酷評なので、
ファンの方は読まない事。



当初、連載が始まった時点では、
私はこの作品を避けていた。

なぜなら、作者「穂積」の作品だからだ。


内容的には凡庸に見えた
「式の前日」があれほど売れた理由は、
今まで女性マンガを手に取っていなかった
読者層に巧みなマーケティング
作品が届いたからだと個人的には見ている。


普段から、多少マニアックなマンガ雑誌や、
女性向け雑誌の読み切り短編を読んでいる読者なら、
「式の前日」にあれほどの高評価はつけない。
なので、マーケティング勝ちした作者だなぁ、と思っていた。


そんな作者が、なんと「ゴッホ」をテーマに
連載を始めた。それが「さよならソルシエ」。


単なる話題先行マーケティング本を狙っているのか。
それとも、実は本当に作者の描きたいテーマを描いた
本物の作品なのか。。。


どちらに転ぶのかが怖くて、手に取るのを躊躇っていたら、
いつのまにか連載が終わってしまった。


そして、結果としてこの作品は、
このマンガがスゴイのオンナ編で第一位に選ばれた。
しかも2冊完結の短編にかかわらず。

 
この作品が本物かどうかは、
読んでいただければわかるだろう。
ただし、購入してまで読む価値はない
というのが個人的な感想だ。


特にオチは酷い。

歴史上の偉人への敬意がなく、
奇をてらう為に、歴史上の偉人を踏みにじる、
創作者の傲慢に満ちたラストだった。


ゴッホ」というテーマに作者が正面から向き合えば、
もう少し面白い作品が描けた気がするのは、
私の買いかぶりだろうか。

f:id:mangadake:20170508212037p:plain