読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

失恋ショコラティエ

鬼才「水城せとな」が描いた、
非常に評価が難しい作品。
それが、本作「失恋ショコラティエ」である。

長年片思いした女性に
失恋したことをきっかけに、
一流のショコラティエを目指す人生が始まるという
導入は抜群に面白かった。

そして、人妻になった彼女を追う限り、
破滅の予感しかなかった中盤以降、
鬱的な展開を描かせたら天才的な作者が
どんな落としどころを見つけるのか
非常に楽しみにしていた作品でもあった。

しかし、8巻の作者あとがきが語られた辺りから
風向きが変わる。

「数年後、彼女を見かけた。普通の女だった」

そんなラストで終わる映画に
影響を受けたという本作の最終9巻は、
良く悪くも作者の狙い通りに
なんとも平凡なエンディングだったのである。

問題は、そんな本作が、
水城せとな」作品としては
最も知名度が高いという点だ。


「ダイアモンド・ヘッド」や「放課後保健室」等、
圧倒的に知名度が低いにも関わらず
最高に面白い作品群があるのに、
最も世の中に知れ渡ってしまったのは、
失恋ショコラティエ」というこの虚しさ。

失恋ショコラティエ」でしか
水城せとな」を知らない読者には、
是非、他の作品も体験してほしい。特に前述の2作品は、
絶対オススメしたい傑作である。

f:id:mangadake:20170505000124p:plain