読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

サルチネス

久しぶりに「古谷実」に泣かされた。


一世を風靡した「稲中」以来、
創作を模索してきた作者。


「ヒミヅ」以降は、
ひたすら人生からの問いかけを
哲学する事が課題となり、
エンターテイメントとしてのマンガは、
置き去りになっている感もあった。

しかし、本作はやってくれた。


今まで培ってきた、
「笑い」と「人生の苦味」を
見事に混ぜ合わせた大傑作だった。


作品で泣かすことは難しく、
笑わせる事はさらに難しいという
創作者への格言が存在するが、
本作のラストは、
清々しいまでの泣き笑いを
読者に提供してくれる。

まさに感涙必至の最終巻。
やはり人間は本質的に
ハッピーエンドが好きなのだ。

その事を再認識させてくれる
味わい深いラストである。


現時点でのマンガ界において
古谷実」にしか描けない本作を
作者の集大成として必ず抑えておくべきだろう。

f:id:mangadake:20170503231406p:plain