読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

僕たちがやりました

ここ最近、連載マンガの中で
最も続きが気になった作品。
それが本作「僕たちがやりました」である。

高校生のバカバカしい日常を描いた
ギャグ作品かと思わせる序盤と、
誤って学校爆破事件を引き起こしてしまってからの、
古谷実ばりの鬱展開のギャップで、
圧倒的に結末が気になる作品であった。

全9冊の中身は殆どが鬱展開で、
作画担当「荒木光」の持つ
リアル系の画力を武器にした
何とも言えない息苦しさが
始終作品の中を漂っていた点が
本当に素晴らしかった。

まさに「僕たちがやりました」
その一言が出ないまま、
心が追い詰められていく日々を描いた傑作である。

反面、ラストの畳み方は
それまでの盛り上がりとは一転して、
何とも気持ち悪い結末を迎えている。

悪くはないのだが、
それまでの神がかった展開からすると、
もっと面白い着地が描けたのではないかと
残念に思ってしまう。

まぁ原作が「金城宗幸」なので
あの結末程度が限界なのかもしれないが。

ともあれ、読み始めれば
続きが気になることは絶対なので、
下手に終わらない浦沢直樹を読むくらいであれば、
本作を全9冊読んだ方が、
よほど面白いというものだろう。

サスペンス好きにオススメしたい。

f:id:mangadake:20170426194816p:plain