つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

うみべの女の子

オシャレ系最先端のマンガ家
浅野いにお」の作品。

知っている限りでは
性描写が最も多い浅野作品なので、
その辺りが嫌いな人は読まないほうが良い。


いくつも浅野作品を読んできたが、
そろそろ「浅野いにお」が理解できた。


最初に読んだ時のインパクトが素晴らしいのだ。
だから、信者が生まれる。


本作の中学生の性描写と日常のグロさは
初見だと、心に刺さるはずだ。


ソラニン」の日常の破壊も刺さった。
おやすみプンプン」のメタフィクションも刺さった。


その時は、やはり
浅野いにおスゴイ!」と一瞬思う。


ただ、徐々にその破壊力が減る。


浅野いにお慣れした私としては、
本作は気楽に読み流せた。


どうせ、いつもの鬱展開だし、
ラストも放り投げて終わるんだろう、
と思いながら読んで、実際そうなった。


ただ、初めて読んだ浅野作品がこれだったら、
やはり途方もないインパクトを受けただろう。
若いころに読んでいたらなおさらだ。

読めば読むほど、
ファンを減らす不思議な作者。
それが「浅野いにお」なのだ。

f:id:mangadake:20170417214549p:plain