つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

背すじをピンと!

全10冊

近年のジャンプ作品ではこれ以上ないほど
身の丈をわきまえた綺麗な終わり方の作品だった。

作者「横田卓馬」は、元々
WEB系マンガで名をはせていた人物であり、
いつプロデビューするのかと期待されていたが、
ジャンプデビューが噂されてから数年は、
読み切りのみの存在だった。

しかし、最終10巻に収録されている
本作の前身になる読み切り短編
競技ダンス部へようこそ」が大好評となった結果、
満を持しての連載となったわけである。

マンガ作品としては最も難しいと言われる、
才能のない普通の主人公を中心に据えて、
部活における競技ダンスという、
圧倒的にマイナージャンルを
ジャンプで連載し続けたのだから、
これはもう偉業というレベルだろう。

それくらい、この設定と背景は無謀だった。

しかし、得意のキャラクター描写で、
個性あふれる脇キャラクターを固めた結果、
作品としては十分、面白いレベルになっている。

構成も非常に工夫されていて、
物語におけるクライマックスを、
先輩の引退試合に持ってくることで、
どうしても平凡な主人公だけでは乗り越えられない
盛り上がりの部分を抑えている。

そして、最終10巻では、平凡な主人公らしい、
地味ではあるが誠実なラストに導いている。

是非また作者の次回作が読みたくなる、
いぶし銀の名作である。

f:id:mangadake:20170405204121p:plain