読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

イエローバックス

引き続き「高浜寛」である。

ガロ系デビューに相応しい
短編を綴った初期作品集。


海外のベスト・オブ・ショート・ストーリーを
受賞したというのも良くわかる作品で、
芸術性と儚さが多分に含まれた出来栄えである。

しかし、マンガと芸術性というのは、
些か難しい問題で、
過去多くのガロ系作者達が
日本マンガ界において主流たりえたかというと、
残念ながら、それはないわけである。


日本におけるマンガの存在は、
絵画のジャンルには位置しておらず、
結果としてB級エンターテイメントとしての
存在感を維持し続けている。

そして、日本マンガ界で、
芸術的な作品を追えば追うほど、
大衆にその才能が伝わる可能性は
低くなっていくのである。

その意味で、「高浜寛」も
この路線を続けていたら恐らく現在の活躍はなかっただろう。


そして、この才能に、
エンターテイメントでの味付けを加えたからこそ、
近年の作品のクオリティは圧倒的だと感じるのである。


勿論ガロ系の作品を否定するつもりはないのだが、
マンガを良い意味でB級娯楽作品に留まらせる意味では、
エンターテイメントの要素は不可欠であり、
それを描くことで、「高浜寛」という才能が、
世の中に広まっていく事のほうが、
よほどマンガ界にとっては良い影響があると、
私は考えるのである。

f:id:mangadake:20170401202549p:plain

 

イエローバックス

イエローバックス