つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

ゲレクシス

古谷実」が終わってしまったのかもしれない。

ゲレクシス完結の2巻を手に取ったわけだが、
そんな憤りを覚えるほど、
どうしようもない終わり方だった。

ご存知の通り近年の「古谷実」作品は、
ここで終わるの?
と思わせるようなタイミングで幕を降ろすのだが、
そんな唐突な最終回を迎えながらも、
読者の心には、しっかりと感情を残すことに
成功してきた点が素晴らしかったのである。

そして、その手法が最も成功していたのが、
前作「サルチネス」であり、
あのラストの感動は圧倒的だった。

しかし、本作の終わり方は酷い。
虚無である。
何も心に残らない。

最近の後先考えない設定だけのマンガが、
突拍子もない最終回を迎えて終わった時の
雰囲気に非常に似ている。

イブニングで予告されていた書下ろしも全くなし。
最後のセリフが少し削られただけの体たらくである。

痛恨の準備不足という柱書きが相応しい、
なんとも痛々しい作品だった。

次回作、もうないかもしれない。

f:id:mangadake:20170324001808p:plain


 

ゲレクシス(1) (イブニングKC)

ゲレクシス(1) (イブニングKC)

 

 

 

ゲレクシス(2) (イブニングKC)

ゲレクシス(2) (イブニングKC)