つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

低俗霊MONOPHOBIA

低俗霊シリーズ第三弾

残念ながら低俗霊シリーズの中では、
本作が一番面白くない。

原作は当然「奥瀬サキ」なわけだが、
作画担当「刻夜セイゴ」は
萌え系の絵柄を描く作者であり、
この絵が「低俗霊シリーズ」のコンセプトと
根本的にマッチしていない。

低俗霊シリーズの根源的な面白さは、
SEXに関するエピソードをエロスではなく、
人間の狂気として描く点である。

また、死者との対峙をバトルではなく、
精神世界として再現する点である。

しかし、現代風の作風で描かれる本作は、
巻が進むにつれてこの大前提を捨ててしまい、
結果として最近良くある、
萌えキャラが露出を増やして
頑張る作品と変わらなくなってしまった。
まぁ、ヤングエース連載なので
仕方ないとも言えるのだが。

最終6巻もある意味、何も完結しておらず、
その点だけは悪い意味で低俗霊シリーズらしくはある。

DAYDREAMからの旧キャラ登場だけは
少し盛り上がるので、シリーズのファンだけにオススメしたい。

f:id:mangadake:20170317221956p:plain