読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

寄生獣

総合4.5以上(不朽の名作) 1990年代男性系

今更ながら読み返してみると凄い。

まずやはり「寄生生物」という設定が凄い。
この手の系統の作品の中でも
その発想・構想・絵が群を抜いており、
完結まで見事にまとまっている。

また、ラスト付近の主人公の葛藤が素晴らしい。
人間という生物に対する哲学を描けている。

主人公に哲学や真理を体現させようとすると、
大抵口うるさい作品や意味不明な作品に
なってしまうが、本作にはそれがない。

連載当初の寄生獣と言えば、
その残虐な描写と、寄生生物のグロテクスさ、
主人公と寄生生物によるアクションシーンが話題になっていた。

だから、間口が広かった。

最初から地球環境や、
人間と他の生命の共存をテーマに描いてしまったら
これほど読者層の広い作品にはならなかっただろう。

そして、結果として多くの読者が本作を読んだ。
普段、地球環境や人間と他の生命というテーマ等
考えたことがない人達も本作を読んだ。

そして、少しだけ人間という生き物に対して、
地球という環境に関して考えた。

マンガは所詮マンガなのだから、
高尚な知識を得る為に読むわけではない。
エンターテイメントとして読むわけだ。

エンターテイメントという空間を通して、
いつの間にか熱中し、気がつけば
作者の伝えたかった哲学について一緒に考える。

そういう作品こそが一流のマンガなのだ。

まぎれもなく本作は超一流だった。
岩明均はやはりアフタヌーンが誇る至宝だろう。

f:id:mangadake:20151206045659p:plain

 

寄生獣 完全版全8巻 完結コミックセット

寄生獣 完全版全8巻 完結コミックセット