つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

いつでも夢を

原秀則」全盛期である。

漫画家をマンガにした作品は、
今でこそ出揃ってきた感じがあるが、
90年代頃までにそのテーマを描いた作者は少ない。


まんが道」という王者がいた為に、
長年、新規参入が少なかったジャンルである。

そして90年代という、
マンガにまだ夢と冒険が求められていた時代に、
いち早くリアル志向な作品を青年誌に持ち込んだ作者が、
このジャンルに目を付けたのは当然だったのかもしれない。


何も得意な事がない高校生の主人公

「多田野一郎」

絵を描くことだけは好きで、
こっそりマンガを書いているものの、
単なる自分の妄想でしかなく、
世間の評価は冷たく。

初めてのアシスタントで自分の実力を思い知らされ、
徐々に成長し。

平凡な作品かもしれないが、弱点はなく、
全6冊、素直にドラマとして完成されている作品である。

漫画家マンガに興味があれば是非。

f:id:mangadake:20170226203534p:plain