読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

となりの怪物くん

2010年代女性系 総合4.0以上(殿堂入り) c3_中編(15冊以内)

近年、最もお気に入りだった学園ラブコメ
ストーリー、絵、キャラクター、と、
どれをとっても弱点がなく、
とにかくセンスの高い作品だった。


入学初日から喧嘩沙汰で学校にこない「春」という、
となりの怪物くんを眺めるテンプレタイプの
作品かと思って読み進めていたら、
ヒロイン「雫」も他人との距離感が測れない
怪物だったという斬新な構図。


そして、お互いが「となりの怪物くん」を眺めながら、
自分と他人の距離感を学んでいくという設定は、
これ以上ないほど見事だった。


また、脇キャラクター達の完成度も非常に高かった。

最終1話前の「3年生」の回が、
ほぼ全編セリフ無しで展開できたことがその証左だ。

登場キャラの個性が完全に立っていたからこそ、
あの回の無音が映えるのだ。


そして、何よりデザート看板作品として圧倒的に
売れていたにも関わらず、13冊という
最近ではコンパクトな長さで終わってくれたことに
心から感謝したい。


2010年代を代表する少女漫画の一角である。

f:id:mangadake:20170219211514p:plain


 

 

 

となりの怪物くん(13) <完> (KC デザート)

となりの怪物くん(13) <完> (KC デザート)