つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

鋼鉄の華っ柱

相変わらずの「西森博之」作品である。

御曹司の頂点から一気に没落する第一話から始まり、
それでも鼻っ柱が折れない主人公「御前崎真道」。

そんな魅力的な主人公を
もってこれたのは良かったのだが、
ここ近年の西森作品らしく、
物語の構成がどうにもならない。

というか、最近の西森作品は全てそのパターンで、
強烈なキャラクターを登場させて、
その人物を、狭い箱庭世界で自由に遊ばせるのである。

その為、各話の中での面白い見せ場は十二分にあるのだが、
全編通して、どこに何を着地させたいのか、
さっぱりわからない作品になるのである。

無論、作者もそれを狙っているし、
それでも面白いのだから、
読者としてもどうにもできないわけだが。

しかし、これだけ唐突な最終話を持ってきても、
読めるものになっているのだから、やはり凄いマンガ家である。

f:id:mangadake:20170204093640p:plain