読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

魔法先生ネギま!

本作は、明らかに当時の赤松健の最高傑作だった。

当初連載が始まったときは、著しく嫌悪したこの作品。
クラスメイト全員がヒロインなどと、
商業主義もいい加減にしてほしいものだ、と感じた。


しかし、読み進めてみると、意外に、
いや想定外に面白かったのである。


魔法世界の設定の充実。
当初から想定されていた伏線の数々。
美しい魔法戦の描写。
様々な異世界の道具やキャラクター。

そして何より、少年マンガ界に失われて久しい、
英雄の父に憧れる少年のファンタジー冒険譚。

赤松健」は今回狙っている。

商業誌で自分の書きたい物語を書くために、
得意の美少女キャラを前面に出しながら、
壮大なファンタジー作品を書いているのだ、と。

そう感じたものだ。


無論、既存のファンのためにも、お色気路線は混じっていたが、
それは本作の趣旨ではないように感じられた。
少なくとも、物語の後半になるほど息を潜めたお色気展開を見て、
赤松健は見事にやってのけたな、と感心したものだ。


しかし、
しかしながら本作のラストは見事に悪い意味で
読者の期待を裏切る結果となった。

 

あれほどまでにして育ててきた壮大なファンタジーを、
どうしてあのラストで終わらせてしまったのか。
ただただ悔やまれてならない。

 

そんな訳で、現在「UQ HOLDER!」で、
ネギま世界の続編を描いているのは、
ある意味当然の結果なのかもしれない。


途中、面白い場面も多々ある作品だが、
38冊読んであのラストを考えると、
オススメし辛い事は確かである。

f:id:mangadake:20170122212053p:plain