つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

P2! let’s Play Pingpong!

掲載雑誌の読者層にあうかどうか、
というのは非常に重要な問題である。

その意味で、掲載雑誌を間違った為に
早期打ち切りを招いたのがこの作品だろう。


卓球という地味目なテーマでありながら、
作品を盛り上げることに成功しているのは、
偏に作者のオタクっぽいセンス故である。

しかし、確かにそのセンスが
偏りすぎている部分もあり、
結果としてジャンプの購読者層に
合わなかったのも若干頷ける。


ただ、作品としては大変面白い。
1巻から読み直してみても、
様々なキャラクターの設定が
十分に練られていた事がよくわかり、
好感触だ。


最終7巻には連載では描けなかった
様々な伏線を回収した
最終話が掲載されており、
その面白さがまた
打ち切りの空しさを感じさせる。


続きが読みたかった作品だけに、
大変無念である。

昨今は、有名マンガ家の続編を
描かせる雑誌もあるのだから、
再開を望む声が多ければ、
続きが描ける様な環境が整えば、
まだ見ぬ名作が産まれるのではないだろうか。

江尻立真の次回作に期待したい。

f:id:mangadake:20161223082519p:plain