読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

おそろしくて言えない

1990年代女性系 総合3.5以上(オススメの名作) c2_短編(5冊以内)

桑田作品第二夜

桑田乃梨子」の名が、
通りはじめた最初の作品が
本作ではないだろうか。


心霊現象お手の物の主人公「御堂」と
憑依体質だが絶対に霊を信じない「新名」

そんな二人のコンビの
学園生活を描く心霊コメディ作品。


中盤で二重人格ヒロインの
「御堂」の妹が登場してから、
ドタバタ感はますます好調になってくる。

また、この頃から既に、
オカルト系には相当強い作風を見せており、
以後、桑田作品と霊は、
切っても切れない関係が続く事になる。

初期桑田連載の中では最長の
全4冊が発行されている点も重要。(文庫は2冊)

初期作品群の中では、
安定した面白さを持つ定番の一つだろう。

f:id:mangadake:20161130184019p:plain

 

 

おそろしくて言えない (第1巻) (白泉社文庫)

おそろしくて言えない (第1巻) (白泉社文庫)

 
おそろしくて言えない 2 (白泉社文庫)