読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

究極超人あーる

光画部

この一種独特な響きの単語に
ピンと来る読者も、少なくなったのかもしれないが、
私の記憶する限りでは80年代オタクの代名詞ともいえる作品が本作だ。

写真部ではなく光画部というオタクらしいこだわりといい、
長髪に黒ぶちメガネをつけた鳥坂センパイのキャラクター性、
光画部時間」の存在。

それこそ、当時のオタクへの影響力は計り知れない。

近年のオタク像が「げんしけん」の斑目だとしたら、
80年代は間違いなく鳥坂センパイだろう。


現実社会では、間違いなく日の目を浴びなかったであろう
文科系クラブの主人公達が、本作の中では、
颯爽と学園生活を満喫し、青春を謳歌する。

オタクというジャンルの人々の憧れを描いた世界。
それが本作が長きにわたって愛されてきた理由だろう。

とにもかくにも9冊全部読み終えて感じることは、
ゆるゆるの、けれども憧れる学園生活。
それだけである。

特にヤマもオチもない。
なんとなく日常は過ぎ行くのだ。


最近ではヒット作品と若干縁遠くなっている
ゆうきまさみだが、またこんな雰囲気の作品を作ってほしい。


本作を読みえ終えた読者はきっと、
光画部」という単語を使い始めるだろう。

f:id:mangadake:20151202234148p:plain