読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

本屋の森のあかり

2000年代女性系 総合3.0以上(読んで損はない) c3_中編(15冊以内)

最近は少なくなったが、
地味だが面白い作品というのがある。


「磯谷有紀」が描く本作は、
女性主人公が書店で働く地味な作品だ。


多少人気が出た時期もあったが、
万人に受けるタイプの
作品ではない事は確実だ。

しかし、この作者の持つ
のんびりとした雰囲気と
本屋の持つノスタルジーは
見事にマッチしていた。


また、作者の力量が
巻を重ねるごとにあがっている点も
マンガ読みとして面白く、
途中、若干だれる箇所もあったが
最終12巻まで楽しく読むことができた。

地味な作品というのは、
昨今のマンガ事情では
難しい部分もあるかもしれないが、
オリジナリティの一つなので、
大切にしていただきたいものだ。

f:id:mangadake:20161120223941p:plain