読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

自殺島

2000年代男性系 総合4.0以上(殿堂入り) c4_長編(15冊超)

努力の天才「森恒二」がまた名作を残してしまった。

自殺を試みる人間の扱いに困った政府が、
自殺者を島流しにする島 「自殺島

最近の凡百の作者ならそこから、
くだらないバトルロワイヤルや、
仕掛けだらけで先が見えない
ミステリーを展開するところだが、
やはり天才は違う。

全17冊の島の中で描かれる生活は、
まさに「生きる」とは何かという事そのものであり、
「生きる」事の意味を読者に伝えたいという
作者の情熱が溢れている。

マンガ家として全く日の目が当たらず、
死の直前まで自分の人生に絶望し、
ホーリーランド」の成功で生きる事を許された
この作者だからこそ描けた作品だろう。

今まで溜め込んだ人生の経験全てを詰め込んで、
名作を産みだし続ける「森恒二」の次回作にまた是非期待したい。

ちなみに、作者の人生の経緯に関しては、
「ニコ・ニコルソンのマンガ道場破り」に詳しく語られているので、
こちらも読んでおくと後書きのコメントも感慨ひとしおである。

f:id:mangadake:20161119092207p:plain


 

 

 

ニコ・ニコルソンのマンガ道場破り (ジェッツコミックス)

ニコ・ニコルソンのマンガ道場破り (ジェッツコミックス)