つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

キャラバン・キッド

真鍋譲治」といえば、
銀河戦国群雄伝ライ」が
代表作だろう。

しかし、若干、冗長であり、
27冊読み通すのは疲れる。

それに比べると本作は
全5冊で大変読みやすい。

何より、デビュー作
アウトランダーズ
の良さを活かしながら、
ストーリー構成が
進歩している点を高く評価したい。

個人的には真鍋作品の中で
一番面白いと捉えている。


帝国から懸賞金を懸けられる、
謎のヒロイン「ミアン」と、
そのミアンに無理やり旅に
連れて行かれることになった
主人公「ワタル」


短い冊数ながら、
抑えるところは抑えて
最後まで纏まっている。


ロボット、SF、美少女。
まさに80年代的な
面白さの詰まったマンガである。


昨今しばらく見ないジャンルであるが、
またこの手の作品が日の目を見る時代が
来ても良い気がする。

f:id:mangadake:20161102062211p:plain