つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

あまいぞ!男吾

「Moo.念平」の唯一無二の、
そしてコロコロコミック
歴史に残る少年マンガ

それが、「あまいぞ!男吾」だろう。

オークション等でプレミアがついた存在としても
有名な作品かもしれない。


低学年少年マンガというジャンルは
非常に難しい存在だ。


小学生という対象年齢の低さから、
どうしても似たような展開や、
一時のブームに乗っかったような
作品を連載せざるを得ない。


また、少しマンガがわかるようになると
少年雑誌を読んでいた子供は、
週刊少年系に移りもっと大人なマンガを
楽しむようになってしまう。


そんな厳しい環境の中で、始まった本作。

ケンカと遊びが大好きな
昭和の主人公「巴男吾」。

作風は古臭く思えるかもしれないが、
このキャラクターが読者に与えた印象は大きかった。

 

また、小学生編から始まった主人公が、
ついには高校生編まで続いてしまったのだから
コロコロコミックとしては前代未聞だっただろう。


現代の子供達の心から失われてしまった、
やんちゃなガキ大将を描いた偉大な作品である。

トラウママンガブックス版のみに収録されている最終話こそ、
ある意味本作の最終回ともいえるので、
かつてのファンには是非オススメしたい。



f:id:mangadake:20161029073826p:plain