つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

TIME KILLERS

青の祓魔師を連載中の作者
加藤和恵」による初の短編集。

19歳のデビュー作から始まって、
エクソシストの原型となった、
「深山鶯邸事件」までが収録されているが、
一言で言って、テーマがバラバラの短編集である。

同じ作者の短編集なのに、
これぐらいバラバラの雰囲気の作品が
並んでいる単行本も珍しい。

共通して言えることはただ一つ。
全ての作品が奇妙な雰囲気を醸し出していた点だ。

正確には、「ホシオタ」という短編集だけを除いて、
言葉にしづらい妙な雰囲気を備えている。

強いて言うなら
作者のオリジナリティなのだろうか。

狙ってやっているのかと思って、
あとがきを読むとさらにびっくり。

「ホシオタ」を描くまでは、
読者のことなど考えずに、
自分が描きたいモノを描き続けていたとの事。

およそ商業作家らしからぬ、
その奔放振りが、本人の作風を広げて、
青の祓魔師』の土台となっている事は間違いないだろう。

物語の良否は別として、
作者の成長が伺えるという点では面白い短編集かもしれない。

f:id:mangadake:20151130221822p:plain

 

TIME KILLERS 加藤和恵短編集 (ジャンプコミックス)

TIME KILLERS 加藤和恵短編集 (ジャンプコミックス)