つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

正直侮っていたのが、
この「岳」という作品だ。

山マンガの最高峰はやはり
「神々の山麓」である。
そこは譲れない。


それに比べると、
この「岳」というマンガは、
どうも軽い気がした。


特に、超人的な主人公「三歩」の存在が、
山というものの偉大さ、恐ろしさを
台無しにしている気がしていた。


どうして、この主人公だけが、
神様のような視点で特別な判断ができ、
超然として死と向かい合えるのか。
その点がキャラクターとして疑問だった。


けれども、
面白くわかりやすい山作品は少ないので売れている、
そういった評価を今まで持っていた。


しかし、本作の最終章は素晴らしかった。
視線をあえて三歩にせずに
一般人にしたことで、
エベレストの過酷さが十分に伝わり、
もっともスリリングなクライミングを描くことに成功している。


そして何よりも白眉はこのクライマックスだろう。

賛否両論もうなづけるが、
それでもこれが「山」なのだ。

そして、それでも人は「山」に登り、
クライマーは続いていく。


個人的には大変良い結末だった。
ただ、キャラクターに愛着を持つ人は、
読まないほうが良いかもしれない。

f:id:mangadake:20161004061945p:plain