つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

緑茶子ちゃんのこと

鴨居まさね」作品が、
万人に評価されるかはわからないが、
等身大の女性キャラという意味では、
この作者に匹敵するマンガ家は少ないだろう。

マンガのストーリーがあるというよりは、
生々しい女性主人公がまず世界の中心に存在し、
彼女を軸にしてストーリーが動き出す。


そんな作品を創るマンガ家だ。


絵でもなければ、精神描写でもない。
しかし、ふとした仕草が、
わずかな独り言が、
これ以上ないほど等身大の
女性を感じさせてくれる。


ついつい読んでしまう、
女性の日記のような
日常の物語。


そんな作者の作品群の中でも
表題作「緑茶子ちゃんのこと」
は少し異色で、
緑茶子ちゃんを子供のときから眺める、
年下の男の子の視点を含めながら
展開する作品である。


鴨井まさね作品が好きな方は是非。
未読ならば「SWEETデリバリー」や、
雲の上のキスケさん」あたりもどうぞ。

f:id:mangadake:20160920070900p:plain