つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

西洋骨董洋菓子店

作者よしながふみ
「美味しいもの好きの才能」と
「キャラクターの心理を掘り下げる才能」
がいかんなく発揮されている本作。

短い巻数ながらも物語全体に無駄がなく、
濃いキャラクターがそろう洋菓子店の日常を楽しく描いている。
そんな中、オーナーがなぜ洋菓子店を始めたのか、
その理由を描いた骨太な部分が少しずつ描写されていき、
最終話付近で見事な集約を迎える。


ラストシーンの描写は
言葉で表現するのが申し訳ない出来栄えで、
セリフではなく絵の使い方で
物語を描いた稀有なシーンだろう。

数多の漫画を読んできたが、
間違いなくベスト5に残る名シーンだった。

一つだけ注意点としては登場人物にゲイがいる為、
その辺りに関してだけは抵抗のある方がいるかもしれない。

しかし、それだけで拒否してしまうにはあまりに勿体無い。

傑作である。

 

f:id:mangadake:20151123211143p:plain

 

 

 

西洋骨董洋菓子店 (全3巻セット) (ウィングス・コミックス文庫)

西洋骨董洋菓子店 (全3巻セット) (ウィングス・コミックス文庫)

 

 

 

西洋骨董洋菓子店 (1) (ウィングス・コミックス)

西洋骨董洋菓子店 (1) (ウィングス・コミックス)