読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

らんま1/2

うる星やつらで磨かれたショートギャグと、
めぞん一刻で発揮されたラブコメ
2つを混ぜ合わせただけでも凄いのに、
そこにバトル要素も加えたわけだから、
この作品が売れないわけがなかった。

 

しかし、売上面で「高橋留美子」最高の結果を残した本作が、
マンガ作品として前述の2作を凌駕したかと問われると、
その答えは難しい。

勿論、円熟期に入った作者の描く、キャラクターの動きは抜群で、
るーみっくわーるどの一つの完成形ではあるのだが、
ギャグ、ラブコメ、バトルの三兎を追ってしまった結果、
作品の軸がぼやけてしまったのは避けがたい事実であろう。

また、中盤以降のバトル展開におけるマンネリ感も
マンガ作品として評価を下げている点である。

この辺り、うる星やつらにも同じ現象が起きてもおかしくなかったのだが、
それを感じさせない作品に仕上がっていたのだから、
当時の作者の才気には凄まじいものがあった。

ただし、これらの総評はあくまで天才「高橋留美子」だからこその
厳しい評価であり、本作自体がマンガとして、
一流の位置にいる事は疑いのない事実。

毎週の締め切りに追われ、
それでも読者の楽しみの為
自身の過去と闘い続ける孤高の週刊連載マンガ家は、
やはりマンガ界の最高峰なのである。


f:id:mangadake:20160819093433p:plain