つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

喰いしん坊!

大食いといえば、
やはりこの作品である。

作者「土山しげる」の作品で挙げれば
食キングも名作だったが
大食いと絵の濃さが非常にマッチしている
本作を是非オススメしたい。


プロのフードファイターという、
バカバカしい設定も
この絵にかかれば
途端にシリアスなギャグに変わって、
ついつい読まされてしまう。


また、各食材に対する
大食いの観点からの攻略も見事で、
フードファイトというスポーツが
あたかも実在しているかのような錯覚に陥るわけだから、
作品としては相当に斬新であった。


全24冊は多少冗長だが、
主人公と師匠の対決が盛り上がる
第一部までは読んでおきたい。

さっぱりとした読後感の残る快作である。

f:id:mangadake:20160817091504p:plain