つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

3D彼女

3D彼女ついに完結である。

「那波マオ」作品にして、まさかの10巻越えを果たして、
全12巻完結となったわけだが、
読後感としては、若干物足りなかった。

というか、恐らく作者に期待し過ぎていたところが
多分にある。

ラストの展開に不満はないのだが、
この作者ならもう一段面白い内容が
描けたのではないかと思うのは、
買いかぶり過ぎだろうか。

以下、大幅にネタバレ。








ラストで時間軸を飛ばしたところは王道で良いのだが、
キャラクターの年齢を動かした部分で、
恐らく作者の表現力・画力の限界を超えてしまった。

結果として、意図的なのかもしれないが、
主人公2人が別人になってしまい、
その分、感情移入しづらくなってしまったのは、
いかんともし難い部分である。


勿論、リア充化した主人公と、
記憶喪失のヒロインなので、
もはや別人の二人というのは表現上間違っていないのだが、
マンガ作劇的にこれをやられると、読者の感情がついていかない。


また、最終話付近の展開も、
あまりに多くのものを詰め込み過ぎていて、
再会と離別と再会が目まぐるしすぎる。

この辺りが総じて、
物足りなさにつながった最終巻であった。

作品としては総合的には面白い部類に入るのだが、
この作者を大いに推していた身としては、
あと一歩の魅力が欲しかったわけである。


那波マオの次回作は、
ブコメ以外になることを期待したい。

f:id:mangadake:20160813070019p:plain