読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

MW

1970年代男性系 総合4.0以上(殿堂入り)

まさにピカレスク作品と呼ぶに相応しい
巨匠の異色短編。

それが本作である。

主人公は牧師と銀行員の二人の男性。

若き日に沖縄の離島で一夜を過ごした二人は、
翌朝、全ての住民が死滅するという惨劇に巻き込まれる。

しかし、それらの事実は時の政府にもみ消されて。。。


「社会風刺」、「同性愛」というテーマを交えながら展開する
本サスペンスは、今読んで面白いのだから、
70年代のマンガとしては明らかに早すぎたのだろう。


また、特にラストが出色の出来栄えで、
少年の為のマンガを描いていない事が伝わってくる。


明らかにマンガを大人の娯楽に押し上げようとする
意志が感じられる。


手塚治虫が今なお、
マンガ界の巨人として語り継がれる所以は、
このあたりの創作の幅広さによる部分が大きい。

大人になってからこそ読むべきマンガである。

ちなみに猟奇的な内容が嫌いな人には、
全くお勧めできない作品である。

f:id:mangadake:20160724221727p:plain