つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

G戦場ヘヴンズドア

今でこそ確固たる地位を確立した「日本橋ヨヲコ」だが、
デビュー当初は打ち切りの続く不遇な作者であった。

そんな彼女が、初めて大団円までを描き切った、
とことん熱い、マンガをテーマにした作品。

エンターテイメントとしての面白さでは、
後発の「少女ファイト」が上だが、
恐らく、瞬間の熱量という意味では、
本作を超える日本橋作品は他にはない。

若干、ナルシシズムが強すぎる傾向があるが、
それこそが日本橋作品の醍醐味であり、
他では読めない面白さなのである。

また、作者が愛してやまない
「学園」という側面を多用していない点も、
本作に賭けた作者の意気込みが伝わってくる。

幾度もの打ち切りにあえいだ
作者だからこそ描けた本作は、
「マンガ」と「人生」を描きぬいた傑作である。

 

f:id:mangadake:20160717145115p:plain