つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

名門!第三野球部

約20年前に連載終了した本作を
作者むつ利之は未だに超えられそうにない。


試合に出れない野球部の落ちこぼれ集団
二軍以下の三軍。

それが第三野球部。

そんな三軍の選手たちが、
努力だけを武器に次第に勝ち上がっていく物語。

友情・努力・勝利

それこそジャンプのテーマをそのまま持ってきたかのような、
少年マンガのお手本的な野球マンガは、
地味に、しかし力強くマガジンの看板作品として
長きにわたって連載されていた。

特に主人公あすなろのライバル
桑原の活躍は素晴らしく、
次々とライバルキャラが現れやすい野球マンガ界において、
これだけ長期間にわたり、
永遠のライバルとして君臨したキャラクターは、
数少ないのではないだろうか。


実際第一部の最終話は、
桑原が主人公のような作品展開になっており、
少年マンガとしては非常に珍しく、
抑えておく価値がある展開である。


その後のプロ野球編でもある「飛翔編」も、
ご都合主義的と言われるかもしれないが、
非常にマンガらしい面白さに満ちている。

80年代的と呼ぶに相応しいマンガである。

f:id:mangadake:20160710202157p:plain