読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

はいからさんが通る

まさかの新作劇場アニメとなった、
懐かしの「はいからさんが通る

70年代の少女マンガは、
ベルサイユのばら」や「ポーの一族」等、
その後の少女マンガの系譜ともいうべく、
ハイレベルな作品が揃った時代である。

そして、女性主人公のラブコメというテーマにおいては、
この作品こそが「少女マンガ」の系譜の
原点にあたる作品だと個人的には考えている。

とにもかくにも主人公「紅緒」の魅力が圧倒的で、
今読み返しても、全く古さを感じさせない。
また、少尉や編集長など、脇を固めるキャラクターも
非常に魅力的。

そして、「大和和紀」ならではの画力が織り成す、
様々な和装、洋装の数々にも、
大正時代への浪漫を感じさせられる。

ストーリーは、コメディ調を適度に挟みながら、
これでもか、とドラマチックに描かれる怒涛の展開。

オリジナリティに関しては、もはや説明するまでもないだろう。

大正時代を描かせた作品としては、
この作品こそがマンガ界のオリジンなのだから。


以上のように結局のところ弱点がなく、
今読み返しても、驚くほど面白い。

色褪せない名作とは、このような作品の事なのだろう。
未読の方は必ず読むべき少女マンガの原点である。

f:id:mangadake:20160703094921p:plain