つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

虫籠のカガステル

巨大な虫になる奇病「カガステル」を発症した
人類の世界を描く、ファンタジー作品。

昨今、流行りの謎の設定と、
世界の秘密パターンではあるが、
キャラクター設定やテンポ・画力等は十分。

人気が出て引き伸ばしになってしまう作品と違い、
全7冊で完結している点も良い。

欠点をあげるとすれば、
王道かつ平均点すぎたところだろうか。

王道作品は面白いのだけれども、
キャラクター・ネーム・画力・構成

何かで抜群の箇所がないと、
作品として淡々と終わってしまう弱点になる。

そして、残念ながら「設定」は、
王道作品の後半の面白さを支える道具にならない。

人間が虫になる奇病と、それを狩る人間の間に流れる
「哲学」がもう一段階深ければ、
さらに高い名声を得た作品になっただろう。


しかし、COMICリュウは、
雑誌としての独自性を高めつつあると感じているこの頃である。

f:id:mangadake:20160703090829p:plain