つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

コータローまかりとおる!

最後のシリーズが連載中断となり、

早十数年が経過してしまった為、
昨今のマガジン読者には、
未読の方も多いかもしれない。


しかし、本作
コータローまかりとおる!」は、
マガジン史上において外せない名作である。


全59冊は、なかなかの時間を要する大作だが、
物語は全7部に分かれており、最終的にはきれいに纏まっている。


当初は、よくありそうな学園アクションコメディ作品が、
次第に、バトル、スポーツ、バンドとテーマを増やし、
またそれに応じるように作者の画力も大幅に向上していく経緯は
読んでいて大変楽しいものがある。


また、もう一つ本作から学べる点は、
自身の描いた伏線はきっちり回収するという
作者「蛭田達也」のプロ意識の高さである。


本作の最終章は、あるキャラクターに
焦点が置かれて物語が進む。


しかし、実はこのキャラクターは、
映画版に勝手に登場したオリジナルキャラクターだったのだ。


それを勢いで漫画版にも登場させてしまったものだから、
どうやってこのキャラクターの存在を回収させようかと、
およそ最終章まで作者は苦戦する事になる。

ところが、読者として読んでいる限りは、
それらの楽屋事情はあまり伝わることなく、
大掛かりな伏線を絡めて、見事に回収される。


これだけの展開が、
当初から全く想定されていなかったというのは、
逆に恐ろしいな、と感心させられたものだ。

プロマンガ家かくあるべし。


ちなみに続編「柔道編」や、「L(リミテッド)」を読まなくとも、
本作はそれだけで完結しているのでご安心を。

是非とも読んで頂きたい大作である。

f:id:mangadake:20160628073540p:plain