つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

伊達グルーヴ

(2012年評)
本作は島田英次郎
初マガジン連載作品になる。


もてない主人公伊達の高校生活を描いた、
全2冊で終わってしまったギャグ作品だ。


しかし、正直、その才能はすごかった。
第一話から壮絶に面白かった記憶がある。


デビュー作「プラウドマン」もそうだが、
もてない主人公のキャラが抜群に上手いのだ。


ただ、そのあまりに「稲中」的な雰囲気に
時代が追いついていなかったのだろう、
あえなく短期間で打ち切りとなってしまった。


けれども、この才能があればいつかは復活するだろうなぁ、
と思っていたら案の定、別紙で活躍し、
未だに細々と週刊マガジンにも顔を出している。


本作は絶版扱いとのことなので、
近い将来、本作が手に入らなくなる前に、
一度読んでおくとよいだろう。

f:id:mangadake:20160627064656p:plain