つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

瀬戸内少年野球団

(2012年評)
放課後ウインド・オーケストラ」の
宇佐悠一郎の作品ということで手にとって見た。


しかし。。。
まぁ残念ながらだ。


原作未読だが、原作の質は高いと思われる。
何故なら、あまり極端なドラマが起こらないからだ。

昭和20年からスタートする、
淡路島の子供たちの物語。

戦後の日々の中、
彼らが野球というスポーツに
心を魅了され、そして熱中していく物語。

何も特別なことは起こらない。
我々が普段聞き及んでいる程度の、
戦争物語だ。


故に、これだけで物語に成り得ているという事は、
原作者の描写力の高さの裏返しなのだ。

高い描写があればこそ、
大掛かりな物語や舞台装置を作らなくても、
作品として展開していけるのだ。


では、そのレベルの描写力が、今の「宇佐悠一郎」に
あるか、と問われれば残念ながら否である。

学園生活の明るい部分は描けているが、
暗さや深みが全くにじみ出ていない。

推薦の帯を書いている森田まさのりが描いたら、
もっと違う作品になっただろう。


原作の目指す、作品の質と、
マンガ家の描ける技量に差が出てしまった事例である。

メディアミックスはやはり難しい。

f:id:mangadake:20160625222008p:plain

 

瀬戸内少年野球団 (ホームコミックス)

瀬戸内少年野球団 (ホームコミックス)