つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

少年雀鬼-東-

天才ギャグマンガ
中島徹氏が残した初期の傑作。


麻雀ギャグマンガと言えば、
片山まさゆき」が有名だが、
本作は、名前こそ知られていないかもしれないが、
その遊びっぷりで麻雀マンガ史に残る傑作。


麻雀で遊んだマイナー漫画としては、
この作品と「ぶんぶんレジデンス」が
2大巨頭だと個人的には考えている。


東をカンすれば必ず役満を上がるという、
少年マンガ的なわかりやすい必殺技を持った主人公「東槓」が、

麻雀甲子園
麻雀オリンピック
麻雀巡礼

とひたすら馬鹿馬鹿しい麻雀ギャグマンガを繰り広げる。


また、後に氏の代表作となる
「玄人のひとり言」の主人公、南倍南は
本作からのスピンオフキャラクターだったという事も、
中島ファンにとっては重要な点である。


今は古本屋の片隅でも見つけづらい作品かもしれないが、
一読の価値はある名作である。

f:id:mangadake:20160614061523p:plain