つれづれマンガ日記 改

完結してる漫画をテーマに、なんとなく感想。 レビュー、評論、おすすめ、駄作、名作、etc

おまかせ! ピース電器店

サッカー領域専門のマンガ家という、
ある種独特な立ち位置を確立した作者「能田達規」の
初期にして、最長連載の作品である。

現在の作者の作品創りを見る限り、
本作を超える長期連載は恐らく今後ないだろう。

主人公の「ピース健太郎」と父親の「ピース貫太郎」の二人は、
下町の電気屋さんの親子なのに、その技術力は世界が認めるレベル。

そんな二人が、お客さまからの要望に応えて色々な道具を作っては、
ドタバタが展開するという、ある意味、街のドラえもん的な作品である。


そして、彼等を取り巻くキャラクターも豊富かつ魅力的で、
家族、街の人、学校の友達、ライバルの財閥会社の令嬢や、
彼らの技術力を危険視する地球防衛軍のスパイなど、
90年代の学園コメディ作品のお手本的な作品ともいえる。

また、たまに挟まれるヒロイン桃子とのラブコメ回も魅力的で、
この作品に厚みを加えている要素だ。

そして、何より近年のマンガには少なくなってしまった、
なんとも平和な作風が、いつどこから読んでも安心させられるのだ。

少年チャンピオンが弱かった時代に連載されてしまった為に、
メジャー化という意味での日の目を見る事はなかったが、
万人にオススメできるタイプのマンガだろう。

名作である。


おまかせ!ピース電器店 1 - 能田 達規 | マンガ図書館Z - 無料で漫画が全巻読み放題!

 

 

f:id:mangadake:20180106025708p:plain